紅茶とお嬢様

« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気付いたらワールドエンブリオ 5巻が発売していた

表紙

今回の帯はちゃん様こと323ことみつみ美里
毎度の事ながら森山先生は愛されている。


5巻ではネーネの成長っぷりやらレナの胸は成長しねぇなぁとか
クララちゃんは水着も可愛い!など色々とあるのですが今回のメインはこいつ。

風間くん

4巻の回想でも出てきた風間病院の院長の弟。たぶん。

天音姉が消失した事件後、別の学校に転校していた彼が5巻になり登場。
登場時はパシリの見本のような活躍をしていた彼ですが
パシらせていたリーダー各が棺守になり全力で逃げているところをリクに助けられる。

冬悟ビビリすぎワロタ

助かったのにビビりすぎだろ…と思っていたら怪物タカオさん登場。
余裕で死に掛けて昔タカオさんが落とした刃旗核が覚醒して刃旗使いになる事に。
みんなまとめてフルボッコにされスケジュール過密なタカオさんが
勝手に戦線離脱したおかげで全員助かる。その後F.L.A.G.に入社。
冬悟の核は先の戦いで傷がついて武器を形成できないらしく人工武器のモルモット役に抜擢。
彼が活躍するのはいつの日か…。

一方リクは室長の時路さんからの電話。

死の宣告みたいな あ、ありのまま

続きが気になってしょうがない終わらせ方である。

| レビュー(漫画) | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sirokuroko.blog7.fc2.com/tb.php/177-ab0d4760

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。